2016ITTFワールドツアーグランドファイナルズ

Pocket

maxresdefault卓球の大会 2016年ワールドツアーグランドファイナルズが中東のドバイ、8日から遂に始まります!

前回2015年の大会はポルトガルのリスボンで行われました。

その時の男子優勝者は、シングルスは中国の馬龍、ダブルスは日本の森薗宗祟・大島祐哉ペア、アンダー21シングルスはダブルスで優勝した大島祐哉、でした。

また、女子の優勝者は、シングルスは中国の丁寧、ダブルスはシングルスと同様中国の丁寧・朱雨玲ペア、アンダー21シングルスはシンガポールのリン・イエでした。
20130707071850024
ワールドツアーの総決算ともなるグランドファイナルズ。

一年間をかけて世界中を転戦としてますが、この大会は、卓球の世界でも最も重要な大会ともなり、世界ランキングにも大きな影響を与えます。

さて、今は中国が卓球最強と言われているけれども、その中国勢を日本はどこまで打ち崩す事が出来るのか!

今回男子シングルスの戦いを制するのは一体誰なんでしょうか。

こちらはトップ16選手、ダブルスはトップ8ペアによって競います。

ブックメーカーによる「bet365」による男子のシングルス・ダブルスの1回戦のオッズが分かりましたので、お伝えしますね!
【ワールドツアーグランドファイナルズ2016男子シングルス1回戦オッズ】
home002159 【ワールドツアーグランドファイナルズ2016男子ダブルス準々決勝オッズ】

home002160 まず、男子の注目選手から。

一番の注目されているのは2016年リオ・デ・ジャネイロオリンピックにて、男子シングルスの銅メダルを勝ち取った水谷選手。
1_1_450 水谷選手は日本で初めてシングルスでのメダルを獲得し、団体戦でも男子選手では初めての銀メダルを獲得した選手。
fasda ワールドツアーグランドファイナルの過去の大会においても、2010年のソウル大会や、2014年のバンコク大会などで優勝を経験している事から、今大会でもその実力を期待されて優勝候補として期待されていまいるみたいですね。
彼には日本のエースとして中国チームに引けを劣らない素晴らしい戦いをを見せてもらいたいです。

水谷選手に続いて注目されているのは丹波孝希選手。

丹波選手はロンドンオリンピックのアジア予選の時の試合で、今も世界ランキング1位である中国の馬龍を打ち負かしているんです。

本大会においては、残念ながら準々決勝で負けはしたものの、その時の試合相手の張継科はその大会で金メダルを獲得しています。

結果は残念でしたが、とてもいい試合だったと思います。

丹波選手はリオオリンピックの時は団体のチームの一人として銀メダルを獲得しています。

卓球の実力とは外れるけども、丹波選手は容姿もとても良く、乃木坂46の熱狂的ファンとのこと。

丹波選手の実力が余り知られていない様にも感じるけども、実際彼は実力もあるし、そのうち水谷選手を上回って、日本のエースとなる可能性もあると僕は考えています。

彼の潜在能力の高さは誰もが認めているので、今回の大会がそのきっかけ作りになればいいですよね。

そして次は女子の注目選手を見てみましょう。

【ワールドツアーグランドファイナルズ2016女子シングルス1回戦オッズ】

home002161
【ワールドツアーグランドファイナルズ2016女子ダブルス準々決勝オッズ】
home002162
まず挙げられるのはエースの石川佳純選手。

waesdgasasa 彼女はリオオリンピックでは団体戦の銅メダル獲得に貢献。
その後の復帰戦になったスウェーデン・オープンでは優勝していました。

2014年に行われたグランドファイナルでは、女子シングルスで優勝していて、そんな経歴から見ても今回の大会ではとても期待が持る選手です。

実は今回の大会はこれまで日本をリードしてきていた福原愛選手がいないため、その分、石川選手には期待と責任が大きくプレッシャーとなるかもしれません。
しかし、彼女ならそんなプレッシャーを跳ね除けて今回の大会をやり遂げるでしょう。

そして、そんな石川選手の人気に次に続くのは伊藤美誠選手。

index リオオリンピックの時は、団体戦にて福原選手、石川選手と一緒に出場し、銅メダル獲得に貢献していました。

リオオリンピック前の4月には世界ランキング1位の中国の丁寧を打ち破っています。

さらに伊藤選手の注目する点は、11月のワールドツアーのオーストラリア・オープンで優勝していて、
つい先日にも南アフリカのケープタウンで開催された世界ジュニア卓球選手権で中国を打ち負かし団体戦での優勝をしている所。

どうですか!まさに今、波に乗っている状態だよね。
このまま順調に女子チームののエースになることも近い将来夢ではないかも!

またその他の注目選手としては、平野美宇選手も欠かせません。
hirano-miu-01 平野選手は彼女と同じ年である伊藤選手と、幼い頃から一緒に練習に励み、競い合ってきました。

残念ながら、リオオリンピックでの団体チームからは外れてしまっていたけども、その後のワールドツアーのポーランド・オープンにて初めての優勝を勝ちとっています。
10月にアメリカのフィラデルフィアで開催された卓球ワールドカップでは、シングルスでの優勝を果たしています。
これは中国人以外では初めてのことなんだって。

この結果は男子や団体を含めたとしても、2009年以来中国勢以外での初です。
平野選手はまだ16歳ですが、伊藤選手ともども、これからも伸びしろが大いに
あるでしょうし、今後の更なる活躍に期待します!

先日「Tリーグ」と仮称する新リーグが設立の計画があると発表されましたが、これは、日本卓球協会が将来的なプロ化を目指して設立したもの。
Tリーグが設立されれば、日本の卓球のレベルが上がり中国を超え日本が卓球の世界最強国だと呼ばれる日も夢ではないかもしれません。
その目標に向けて勢いをつけるためにも、日本の選手団の皆さんには今回の大会での活躍を大いに期待します!

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る