NCAAカレッジフットボールプレイオフ2016

Pocket

アメフトファンにとって年に一度の大型イベント、毎年現地時間大晦日に行われる全米トップの座を賭けたカレッジフットボールの祭典「NCAAカレッジフットボールプレイオフ2016-2017」準決勝
の時期が今年もやってまいりました。

 

aerwgsgaex 日本時間では2017年1月1日ということで日本ファンには新年一発目の全米ファンにとっては年納めに相応しいビッグな催し!!

 

そして気になる準決勝の組み合わせをお知らせする前に今季プレイオフ出場に駒を進めた、年間ランキング上位のチームを発表しましょう。
1位、アラバマ大、
2位、クレムゾン大、
3位、オハイオ州立大、
4位、ワシントン大
の以上4チームで準決勝が行われます。

「年間ランキング首位のチームが最強のチーム」とは限らない!
白星の数だけが優劣の決め手ではありません。
強豪揃い踏みのなかガチンコの直接対決で勝利を掴み取った者こそが真の勝利者、そういう考え方もできますよね。

 

そしてそして、大変気になる準決勝の対戦カードは、ランキング2位のクレムゾン大と3位のオハイオ州立大が「フィエスタボウル」で雌雄を決し、「ピーチボウル」では年間首位のアラバマ大VS4位のワシントン大という大変興味深い組み合わせになっています。

img_news-aspx もちろんフィエスタ、ピーチだけでなく他のボウルゲームも要注目です。

 

ここからは各チームにスポットを当てて今季の様子を見ていきたいのですがその前に前年度プレイオフの成績を振り返ってみましょう!

 

前年度プレイオフの激戦を制したのは今季年間ランキング1位で波に乗っている、アラバマ大。

 

そのアラバマ大に惜敗を喫したのが今季2位に着けているクレムゾン大そして前年は斜陽気味でしたが今季年間ランキング3位という好位置にあるオハイオ州立大は一昨年の覇者という実績があります。

ovvrigin_1 当然ながら王者奪還を目論んでいるとみて間違いないでしょう。

 

最後にワシントン大、目立った成績こそありませんが他の強豪に食らいつき年間4位に就いています。

 

そしてそのワシントン大に戦いを挑むのは昨年の覇者アラバマ大!!
王者相手に下克上を果たすのか、はたまた力の差を見せつけられる結果となるのか、「勝負は時の運」といいますし下馬評通りにことが運ぶとは限らないのが勝負の世界!
ということで、このカードの結末はあなたの目で確かめるしかありませんね。

 

では最後に勝敗を予想するうえでも不可欠な今季のチーム情勢を見ていきましょう。

 

まずは大本命、昨年の覇者アラバマ大からアラバマ大は守りのチーム、その強靭なディフェンス力は相手に得点を許さず、VSフロリダ大戦では完封勝利をおさめています。さらに王者だけあって一芸に秀でている特化型チームでもありません。
攻撃面でもオフェンス陣のパスワークやランで確実に得点圏に侵入しタッチダウンで得点を重ねていきます。
これにはさすがの一言!
注目選手はランニングバック(以下RB)のボ・スカボローとダミアン・ハリスの両名、彼らのラン&パスは見逃せません。

 

続いて昨シーズン準優勝チーム、クレムゾン大。

 

クレムゾン大の売りはクォーターバック(以下QB)デショーン・ワトソンを中心とした絶大なオフェンス力にこそあります。

deshaun-watson2-1024x576
あらゆる壁を薙ぎ払うその攻撃性で数多の戦いに勝利してきました。

ですがその反面ディフェンスには常に課題を残す結果で、シーソーゲームのような僅差の戦いが多く観衆はハラハラとワクワクの狭間を行ったり来たり。
プレイオフに向け、ディフェンス陣の仕上がり具合が明暗を分けそうです。

 

そして一昨年の覇者オハイオ州立大。

かつての栄光を取り戻さんがためプレイオフに賭ける思いは他のチームに引けをとりません。

昨シーズンよりオフェンス陣を引っ張ってきた立役者、QBのJ.T.バレット率いるオハイオ州立大。

jt_barrett_ohio_state2
前年はアラバマ大にその座を奪われはしましたが、昨シーズン後には実に9人もの選手たちをドラフトでNFLに送り込んだ実績があります。
その穴を埋めるための若手陣もけして見劣りすることはありません。

そして新旧世代一丸となり、再びプレイオフの舞台に戻ってまいりました。

勝利を以って昨年の雪辱を果たすことができるのか、オハイオ州立大の奮闘にも期待です。

 

ブックメーカーウィリアムヒルが発表している優勝チームを予想した各々のオッズをみてみましょう。

ko001061
ko001060
 

ko001063 (12月29日時時点)

アラバマ大 1.28倍
オハイオ州立大 6.50倍
クレムゾン大 9.00倍
ワシントン大 17.00倍

これを見る限り、やはり大本命はアラバマ大、戦績・実力ともに備わっているだけあり昨年につづき2連覇確実という見方がされていますね。

 

アラバマ大に続くようにオハイオ州立大、この2チームでの決勝が実現すれば昨年、一昨年王者の直接対決という非常に胸の熱くなる展開をみることができるわけですね!
一ファンとしてぜひとも実現してほしいものです。

 

年末年始、日本では年越しイベントや正月イベントと大忙しですが今年の年末年始はウィリアムヒルでスポーツ観戦と洒落込んでアメフトを観戦してみませんか。

william-hill-us-operate-in-las-vegas

そして現地では大晦日、日本では元日の楽しみとしてNCAAで大いに盛り上がりましょう。

そして年末年始を準決勝で盛り上がったら、来る日本時間の1月10日

いよいよプレイオフ王者を賭けた一戦、決勝戦!!

 

「カレッジフットボールプレイオフ・ナショナルチャンピオンシップゲーム」その行く末をご一緒に見届けましょう!!

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る