皇后杯全日本女子サッカー選手権2016準決勝

Pocket

サッカー女王の栄光を求め女子サッカーの日本一を決める祭典
「皇后杯全日本女子サッカー選手権2016」

 

10月22日に開幕した今大会もすでに2ヶ月が経ち23日『味の素フィールド西が丘』で行われる準決勝、そしてその次の25日決勝を残すのみといよいよ佳境に入りました。

 

準決勝の組み合わせは、日テレ・ベレーザVS日テレ・ベレーザとベガルタ仙台レディースVS INAC神戸レオネッサの4チーム2組による頂上決戦になります。

 

日テレ・ベレーザは準々決勝でジェフユナイテッド千葉レディースを、アルビレックス新潟レディースは勢いに乗っていたAC長野パルセイロ・レディースを両チームとも無失点で降したわけですが日テレ・ベレーザが1得点なのに対しアルビレックス新潟レディースは2得点の完勝。

 

どちらも守りは堅そうですがゴールを割るのは前試合好調だったアルビレックス新潟レディースか、はたまた日テレ・ベレーザか!?

そしてディフェンディングチャンピオンのINAC神戸レオネッサに戦いを挑むのがベガルタ仙台レディース、王者相手にどこまで食らいつくのか、それとも王者に土をなめさせる結果になるのか?

どちらの試合も蓋を開けてみるまで決着が予想できません!!

ブックメーカー「bet365」が発表した2試合のオッズをみてみましょう。
home002238 第1試合

images 日テレ・ベレーザVSアルビレックス新潟レディースを日テレ・ベレーザ勝利が1.40倍に対して、昨年準優勝したアルビレックス新潟レディース勝利が5.50倍と発表。

昨年の強豪相手に日テレ・ベレーザが優勢の見方が強いようです。

第2試合

ktm1xri ベガルタ仙台レディースVSINAC神戸レオネッサの試合。

ベガルタ仙台レディース勝利が3.75倍に対して、INAC神戸レオネッサ勝利が1.72倍とディフェンディングチャンピオンの肩書きは伊達ではなく今年も盤石であるとの見方。

この予想をベガルタ仙台レディースが覆せるかが見ものです。

計48チームが参加した今大会、その頂で栄冠を勝ち取るのは一体どのチームなのか?

23日の準決勝に引き続き25日クリスマスの決勝戦、降るのは雪か涙雨か。

勝利の嬉し涙を流すのはどのチームだ!?

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る