1位vs3位の頂上決戦 首位チェルシーの行く末は

Pocket

プレミアリーグ第24節の大一番

ホーム・チェルシーvsアウェイ・アーセナル戦が2月4日試合開始になります。

リヴァプール戦では、勝利こそ逃したものの、無難に乗り切り好調をキープしているチェルシー。

対して前節格下ワトフォード相手に、ホームでまさかの敗戦を喫したアーセナル。

1位vs3位の屈指の大一番は対照的な状況で迎えることとなってしまいました。

プレミアリーグの今後を占うBIGマッチ。

緊迫した試合展開が予想されますが、果たして勝利をつかみ取るのはどちらのクラブになるのでしょうか?

今節はやはり好調チェルシーペースで試合が進むことが予想されます。

チェルシーは素早く縦に早いサッカーを主体とした堅守速攻型のスタイル。

そんなチェルシーから見て、パスサッカー主体のアーセナルは格好の餌食です。

点を決めきれないまま前半を折り返すと、まず間違いなく手痛い一発をチェルシーから食らうことになるでしょう。

対策を講じなければ、アーセナルは前節の失態をそのまま繰り返してしまう可能性が高いです。(カウンターで早々と2点先制され、格下ワトフォードにまさかの敗戦)

典型的なパスサッカーは、堅守速攻チェルシーの思うつぼ。

カウンターで先制を許した後そのままずるずると終盤まで持ち込まれるのが目に見えます。

普段のままで試合に挑めば、チェルシーが優勢なことは間違いありません。

ただ、リーグ序盤戦。第6節ではアーセナルが3-0の完勝を収めています。
ホームではありますが、チェルシーもアーセナルに対して決して好印象は抱いていません。

過去5戦の対戦成績を比べてみても、アーセナルから見て2勝2分1敗。

対戦成績だけで比べると意外なほどに差はありません。

そしてこの試合、重要なのは先制点。

特にホームのチェルシーが先制してしまうと、そこから試合を覆すだけの力は今のアーセナルには残っていないでしょう。

アーセナルは先制点をできるだけ早い時間帯に奪うことです。

3-0で勝利した第6節では、前半11分と14分の立て続けの連続ゴールを奪い試合を決定づけました。

この試合も得点を早々とアーセナルが奪うことになれば、面白くなりそうな予感はあります。

また、注目と言えば、アレクシスサンチェスとジエゴコスタ選手の得点王争いにも目が離せません。

現在リーグ15点で同率一位の彼らですが、今節で勝利と得点王に近づくゴールを挙げることができるか見ものです。

特にサンチェスは、第6節の3-0の勝利の時も貴重な先制点を挙げています。

彼ら二人の出来が、この試合結果を左右するかもしれません。

ではオッズでも試合展開を分析していきましょう。

ウィリアムヒルオッズ チェルシー勝利 1.95 引き分け 3.50 アーセナル勝利 4.20
bet365オッズ    チェルシー勝利 1.85 引き分け 3.60 アーセナル勝利 4.00


予想以上に開きのあるオッズとなっていますが、それだけ現在のチェルシーは強いということです。

直近5戦は、4勝1分けで何と負けなし。絶好調でアーセナル戦を迎えられました。

一方のアーセナルは、前節の手痛い敗戦が色濃くオッズに反映されているようですね。

少し差がありすぎる気がしますが、不調気味のアーセナルにこのオッズは妥当といえるかもしれません。

総合的にみてもやはりチェルシー勝利予想が無難でしょう。

安定しているチェルシーに比べてアーセナルはむらが強い印象です。

決定的な場面で勝利を決定づけることができないのがここ数年のアーセナルです。

ましてや相手はホームゲームの首位チェルシー。

今季は3-0でアーセナルがホームゲームをものにしましたが、その後3バックに変更してからのチェルシーは無類の強さを発揮しています。

苦戦を強いられるのは間違いありません。

守りを固めるか、それとも本来のパスサッカーを貫き通すか。

今節はアーセナルのベンゲル監督の手腕が問われる一戦になります。

チェルシーのコスタ選手を徹底的にマークして必ず先制点をとられないこと。

そして早い段階の先制点でコンテ率いるチェルシーのプランを打ち崩すことができれば、アーセナルにも勝機は見えます。

CLバイエルン戦も間近に迫り過密日程のアーセナルがこの試合をどう乗り切るか。

一方のチェルシーは勝利で優勝を一気に手繰り寄せるのか?

大一番に目が離せません。

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る