絶好調・チェルシーは早くも優勝に向け独走状態へ

Pocket

前節上位決戦を制し、優勝に向けて独走状態に入った首位チェルシー。

一方、不用意なレッドカードで前半6分に退場者を出し、最悪な形で前節を終えたバーンリー。

直近の対戦成績は4勝1敗でチェルシーが圧倒しています。

バーンリーがホームで首位チェルシーを迎える、プレミアリーグ第25節。

優位チェルシーは揺るがないでしょうが、それでもバーンリーにも付け入るスキはないのでしょうか?

両チームの近況や、オッズの数値などでこの試合を予想していきましょう。



チェルシーは24節終えた時点で、2位トッテナムに勝ち点9差をつけて、首位を走っています。

直近5試合はなんと負けなしの4勝1分け。

前節も3位アーセナルをホームで3-1で圧倒。優勝に向けて余念がないことを見せつけました。

そんな好調チェルシーを支えているのは、エデン・アザール選手。

モウリーニョ時代は不調が続いた彼ですが、前節アーセナル戦でのディフェンダーを翻弄しての2点目は圧巻でした。

彼のテクニックは目を見張るものがあり、世界最強クラブのレアルも獲得を熱望している選手です。

一時は退団を噂されましたが、コンテ監督のもとここまでチェルシーの中心を担う選手として活躍を続けています。


盤石状態のチェルシーですが、日程的にも他のビッククラブと比べて有利になっています。

上位チームはCLやELなどの欧州カップ戦を戦うため、過密日程を強いられるのが常。

しかし、幸か不幸か、昨季のチェルシーはまさかの10位。

CLにもELにも参加できませんでした。

クラブとしては耐えられなかったでしょうが、監督変更で気持ちを新たにして挑む今シーズンは、その恩恵を見事にあずかり現在リーグ首位。

昨季の借りをかえすためにも、今季はこのまま優勝を手にしたいところですね。


対するはバーンリーですが、前節アウェイでワトフォード戦に挑みました。

アウェイ初めての白星を狙って気合十分の彼らでしたが、ジェフ・ヘンドリックが不用意なレッドカードで、前半6分に一発退場。


出鼻を大きくくじかれた形になり、結局そのまま敗戦(1-2)。

2連勝と調子づいていただけに、ここでの敗戦は痛かったはずです。

そして今節もホームとはいえ首位チェルシーとの一戦。

チームのメンタル的な部分が心配されます。

前節のようなパフォーマンスを続けるようでは大量失点も十分にありえてしまうでしょう。


では、オッズを確認していきましょう。

ウィリアムヒル バーンリー勝利 9.00 引き分け 4.60 チェルシー勝利 1.40
bet365 バーンリー勝利 8.50 引き分け 4.50 チェルシー勝利 1.40


バーンリーホームと言えどこのオッズ。チェルシーの好調ぶりが如実に表れています。

やはり今のチェルシーに土をつけるのは簡単なことではありません。

ましてやボトムハーフに位置するクラブ。9割チェルシー勝利と見て間違いなさそうです。


この試合、バーンリーは防戦を強いられることは間違いありません。

特に今季のチェルシーは下位クラブ相手に取りこぼしが少ない印象です。

また、バーンリー勝利のためには徹底的な守備意識が絶対条件ですが、前節は特に空中戦でバーンリーDFの脆さが目立っていました。

コスタ選手らフィジカルの強いチェルシーFW陣を彼らが抑えるのは難しそうです。

これらを考慮しても、バーンリー勝利の確率は非常に少なそうですね。

ただ、前節19位ハルシティが5位リヴァプールに2-0で勝利するなど、ここ数試合はプレミアリーグで大番狂わせが続いているのも事実。

現在9ポイントもの差をつけて首位を独走しているチェルシーですが、勝ち点が離れているだけに油断はありそうです。

気が緩んだチェルシー相手に先制点を奪うことができれば、予想以上の面白い試合が期待できるでしょう。

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る