知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

Pocket

ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。

 

倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円かけたとして、賭けに勝ったら2100円になって戻ってくるので利益は1100円になります。

 

このオッズの高さがブックメーカーの優劣を表す指標となります。

 

たとえばとあるサッカーの試合があったとします。

 

片方のチームの勝利オッズが

  • ブックメーカーA:2.06倍
  • ブックメーカーB:2.16倍
 

だった場合、仮に賭けに勝った場合ブックメーカーBにかけたほうが戻ってくる率(金額)が高くなります。

 

つまり

 

オッズが高ければユーザーに還元される率が高くなりお得

 

ということがわかります。

 

さて、このオッズの付け方ですが、ブックメーカーによって様々です。

 

 

スポーツの競技によってもバラバラなので比較してみないとどこがお得かわかりません。

 

例えば

2015 COPA AMERICA チリ 対 エクアドルの試合

img_e169938eab82332e505ba5dfdfc30c6d130842

ブックメーカーのサッカーの試合のオッズをブックメーカーごとに一覧にしてみました。

 
ブックメーカー チリ勝利 引き分け エクアドル勝利 還元率
ウィリアムヒル 1.500 3.750 6.500 91.81%
ピナクルスポーツ 1.523 4.360 7.490 98.09%
SBOBET 1.520 3.900 6.000 92.51%
M88 1.500 4.100 5.900 92.59%
36BOL 1.480 4.060 6.330 92.60%
NetBet 1.480 4.150 7.000 94.38%
188BET 1.480 4.000 6.900 93.41%
10BET 1.480 4.150 7.000 94.38%
BET365 1.500 4.000 7.500 95.24%
 

 

どこに賭けるかに?よって勝ったときの戻ってくる金額が変わります。

 

上記の試合の場合

・チリが勝利 ⇒ ピナクルスポーツでかけたほうが一番オトク

・エクアドル勝利 ⇒bet365でかけたほうが一番オトク

・引き分け ⇒ピナクルスポーツでかけたほうが一番お得

このようになります。

 

ブックメーカー.comでは、訪問者にわかりやすいようにオッズをならべて表示するよう心がけています。

関連記事

話題をチェック!

  1. アジア圏では日本に次いで競馬の人気が高い香港。香港の競馬のレベル自体も近年、グングンと上昇中で、20…
  2. いよいよ2月23日のレベルズvsブルーズから、スーパーラグビー2017レギュラーシーズンが開幕します…
  3. UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32のセカンドレグが23日から行われます。 注目の一戦は…
ページ上部へ戻る